衝突予測警報

事故が起こる前に対策を。従来のアプローチよりも最大400%追突事故を減少させます。

衝突回避システム

ナウト独自のAIおよびデータ分析モデルは、複数の情報を同時に処理し衝突予測を行い、差し迫った衝突を回避するためドライバーにリアルタイムで警告するように設計されています。

インプットされる情報:交通状況

差し迫った衝突を回避する

安全運転ができているドライバーは、差し迫ったリスクがないか常に路上に目を向けています。衝突予測警報は他のドライバーや自転車、歩行者、車両のランプの変更などによって引き起こされる事故リスクをドライバーが予測できるよう補助します。

インプットされる情報:車両の動き

車両の動きをふまえた警告

車載機による警告は精度が高くなければなりません。ナウトの衝突回避システムはブレーキや速度、その他の車両の動きを基に最も必要なタイミングでドライバーに警告をします。

インプットされる情報:ドライバーの動き

ドライバーが反応できるように

ドライバーは運転に集中している時にしか危険回避行動をとることができません。衝突予測警報は他の情報と同時にドライバーの行動を評価し、わき見をしているドライバーには、2倍の反応時間を与えられるよう早めに警告を行います。

distracted icon
わき見
driver icon
上を見る
drowsiness icon
居眠り
driver icon
下を見る
phone icon
携帯電話保持
driver icon
左を見る
smoking icon
喫煙
driver icon
右を見る
seat belt icon
シートベルト未装着
インプットされる情報:コンテキストデータ

ドライバーのニーズに応える

最後に、ナウトのマルチタスク型畳み込みニューラルネットワークモデルが進化し、コンテキストデータを学ぶにつれ、この衝突回避システムは時間の経過とともに改善されていくよう設計されています。  

インプットデータを得た結果

反応できる時間を2倍にする

ナウトの衝突予測警報は時速95Kmで走行している際、30mも余分に潜在的な衝突に対して反応するための距離を設けています。

人のように機能するように設計

ナウトは車両内、車両周辺からの情報を継続的に統合して、衝突リスクレベルを決定します。検出されたリスクが強まると、衝突予測警報がドライバーに緊急性をあげて行動を取るように警告します。

Predictive Collision Avoidance System

あらゆる観点から衝突を回避する

Pepin Reduces Rear-End Collisions

ドライバーの安全を守るために複数のAIを搭載した商品を比較しました。衝突予測警報により追突事故をさらに減少できると期待しています。

Greg McLeod
Pepin Distributing

数字で見る衝突予測警報

400%

従来のアプローチと比較した追突事故の削減率

2x

時速95Kmで走行していた場合、潜在的な衝突を避けるために反応できる時間

~900M+

AIが処理した走行距離(マイル)

日本語